〒006-0816 北海道札幌市手稲区前田六条13丁目2-1 トミイビル2F
手稲駅北口から徒歩20分

営業時間
10:00~12:00/14:00~20:00
日・祝は17:00まで
定休日:月曜・木曜

お気軽にお問合せください

011-681-6899

腰痛もいろいろ

こちらに紹介する内容はあくまで当院での実績や私個人の見解ですのですべてではありませんので、その上でご覧いただきたいと思います。

腰痛の8割は筋肉

激しい腰の痛み。長年続く腰の痛み。これは骨がどうにかなっているのでは?神経がどうにかなっているのでは?と思っても不思議ではありません。そのくらいつらい腰の痛みはどこからやってくるのでしょうか?その答えは8割は筋肉です。腰の周り、もしくは腰と関係性が深い筋肉の負担が痛みを出していることがほとんどです。たとえMRIやレントゲンで骨がとか椎間板がとか診断されても筋肉の調整でかなり良くなることも多いです。

腰痛で病院に行ったが痛み止めと湿布で治らない

まず、一番重要なことは腰痛が急性か慢性化ということです。急性であれば痛みを止める処置で何とか最悪の状態よりはましになるでしょう。慢性が悪化もしくはいつものように痛い、しびれる、重も苦しいといった状態で病院に行ってもあなたが期待する結果は得られない可能性が高いです。なぜならば、保険治療で慢性症状に対しての処置がほとんど「ない」に等しいからです。そのため、急性と同じ扱いでレントゲン、MRI,痛み止め、湿布といった対応になってしまいます。

慢性と急性では治し方が違う

急性の痛みに対しては炎症が考えられるので湿布や冷やすことや安静が非常に効果的です。一方慢性は冷やすより温めたり、体を適度に動かした方が楽になることが多いです。ぎっくり腰は急性なので安静が一番です。ちなみにぎっくり腰の原因は「疲労」です。だから腰の治療で治そうとすると無理があります。

姿勢によって変わる痛み

立っていると腰が痛い、足にしびれがでるが寝ているときや座っているときは比較的楽に感じるのであれば、原因は足にあります。逆に立って動いている方が腰は楽に感じる場合は足が原因ではない確率が高いです。前かがみやしゃがむになるときに腰が痛い場合も良くありますが、この時もどのタイミングで腰が痛いのかが重要なポイントとなります。当院では必ず楽な姿勢とつらい姿勢を聞きます。

朝起きた時の腰の痛み

当院に来られる患者さんの中には朝起きた時や布団からでるときに腰が痛い人も多いです。この原因は何でしょう?考えられるのは「循環不良」寝返りが少ない方に多いです。寝ている間に体を動かさないから血流が悪くなって筋肉が硬くなっています。そのタイミングで急に起き上がろうとするから筋肉がスムーズに動かないから腰に負担がくるから腰が痛いのです。

座骨神経痛と診断された

病院で坐骨神経痛と診断され、痛み止めを飲み湿布を貼ったり、ブロック注射を打ったりしても症状がなかなか良くならないと思っていませんか。まず考えられることは足やおしり、太もも、ふくらはぎに痛みやしびれを引き起こしている原因が腰やおしりといったところが原因ではないと思われます。あなたの普段の生活や仕事の姿勢など詳しく聞いて体を検査すればすぐに原因が分かります。例えば立ち仕事なのか、座り仕事なのかで治療ポイントが全然変わってきます。

腰椎椎間板ヘルニアと診断

『椎間板ヘルニアで整体に行ったら良くなるのか?』と私も思っていました。20代の頃激しい腰痛と下肢に感覚異常が出て整形に行ったところ「椎間板ヘルニア」と診断されました。病院では治療は特になく、もっと悪化したら手術と言われました。結果的には、手術することはありませんでした。そんな時にはじめて整体に行きました。ヘルニアが治ったのか(飛び出していた椎間板)わかりませんが痛みは軽減し、ほっとしたのを覚えています。なので、もしヘルニアで悩んで手術するほどではないう方は、民間療法も考えてみてはどうでしょう。

腰椎椎間板ヘルニアと診断されたらどうすればいい

椎間板ヘルニアと言われて手術することは現在非常に少ないです。ではどうすればいいのか?当院であれば「一度見せてください」と言います。我々のような民間療法で改善する場合が多いです。手術が本当に必要なレベルの人は「どうしようか?」なんて考えている余裕はありません。まともに歩けない又は起き上がれない状態で救急車が必要なレベルなのです。椎間板ヘルニアは腰の痛みより足に症状が出ます。なぜなら腰から出ている神経は腰を支配してはいないからです。下肢に神経が伸びているので足に症状がでます。非常に腰まわりが痛くてヘルニアと言われた場合は、腰まわりの筋肉の状態の問題が多いです。筋肉の調整は病院よりも民間療法の方が得意だと思います。

腰痛で腰の治療はあまりしない

腰の痛みがあると「腰がわるい」と誰もが考えます。治療を長く続けているうちに分かったのですが、腰痛で腰が原因ということは少ないです。結果的に腰が痛くはなるのですが腰を治療しても一時しのぎにしかならないことが経験上多いです。治療系の院に行かれるとわかると思います。腰を押したり揉んだりして気持ち良いのはあくまでリラクゼーションを売っている慰安系であって治療にはならないでしょう。強く揉まれないことが自分の体を守ることにつながります。

ぎっくり腰

ぎっくり腰は疲労が原因です。だから安静にしていればよくなります。決して、腰が原因で動けなくなるわけではありません。普段するようなちょっとした動作でもぎっくり腰になることもあります。ぎっくり腰になって2、3日は安静がよいでしょう。しかし、その後はゆっくりと体を動かした方が回復するのです。痛くなくなるまで動かさないでいると治る期間が長くかかります。痛くなってすぐに慌てて病院にいくようなことは避けましょう。

いつもより長く寝たら腰が痛い

休みの日にいつもより長く寝ると腰が痛くなったことはありませんか?長く寝て腰が痛くなったら絶対やってはいけないことは腰の筋肉を緩めたりほぐすことです。こういう場合の腰痛は逆に筋肉を使った方が痛みや重み・だるさがなくなりやすいです。仰向けになって腰を浮かせたり、立っているか、歩くといいでしょう。

前かがみで腰が痛い 1

前かがみになって腰が痛い。こんなことって腰痛経験者なら分かると思います。これってなぜ腰が痛くなるのでしょうか?腰が悪いからでしょうか?では腰をマッサージしたら前かがみで腰の痛みがなくなるでしょうか?おそらくそんなに変わらないと思います。少なくとも腰よりおしりや太ももの裏の筋肉を緩めた方がまだましでしょう。前かがみになって腰が痛くなる時の姿勢をよく観察すればどこを治療すれば痛くなくなるのか分かるでしょう。

前かがみで腰が痛い 2

前かがみになって腰が痛い。これって腰が悪いのでしょうか?デスクワークや座っている時間が長い人は腰と股関節をつなぐ筋肉が硬くなってしまいます。椅子から立ち上がる時に股関節の前の筋肉がスムーズに動かずに腰に痛みを引き起こすことがよくあります。原因が股関節に関係ある筋肉であれば腰を治療しても痛みは取れません。どんな姿勢が長いかによって負担がかかる部位が変わるので問診で予想して検査で調べるとすぐに原因は分かってきます。

痛い方の逆に注目

腰が痛くなるとどうしても痛い所に手がいきます。そしてそこを押したり揉んだりたたいたりしたくなりませんか?もし痛みの原因がそこにあれば良くなっていくでしょう。しかし、5分やっても10分やってもあまり変わらないのであれば痛いところをやっても良くなる可能性は低いでしょう。当院でも多いのですが痛い方の逆側に問題があって痛くなるケースもあります。つまり痛くない方に引っ張られて痛くさせられて痛みが起こるパターンです。素人が判断するには難しいですが、痛みは痛い現場で起こっていないのです。

骨盤のゆがみで腰痛に

腰痛を訴える95%の患者さんに骨盤にゆがみがあります。当然、ゆがみを解消することで腰痛はどんどん良くなっていきます。骨盤のゆがみ型も人によって異なります。そのため全員同じ施術をするわけではありません。座っているだけで骨盤矯正イスみたいなものがありますが、私からすると果たしてどうなの?って思ってしまいます。ただ、骨盤のゆがみが解消されてもなぜそのようなゆがみ方になったのかが分からないと一時しのぎになってしまいます。骨盤矯正しました!もう安心!というわけにはいきません。当院では一時しのぎにならないようにきちんとした対応をします。

足からくる腰痛

足は心臓から一番遠く、さらに重力の関係で体液が足に溜まりやすいため、循環不全が起こりやすい場所になります。血液循環を促す機能として、ふくらはぎの筋ポンプ作用があるのですが、現代社会では座っての作業や車や電車での移動などで足の筋肉を使う機会が少なくなっています。そのためふくらはぎが慢性的な循環不全になる方が多くいます。当院でもこのタイプの腰痛の方が多くいらっしゃいます。

首からくる腰痛

首と腰痛って関係あるの?と思われるかもしれませんが、非常に関係性が深いです。慢性的に首が気になる、腰が気になるという方はおそらく両方とも良くないでしょう。自覚がないとか悪くないと思っていても腰が悪いから首に負担がくる。首が悪いからすぐに腰が痛くなるというパターンは当院では非常に多いです。首からのぎっくり腰とか良くあります。

手からくる腰痛

手と腰痛って関係あるの?と思われるかもしれませんが、非常に関係性が深いです。慢性的に腰が気になるという方は一度手を調べた方がいいでしょう。特に仕事で手や腕を良く使うと肩甲骨や背中のはりが起こります。そのため腰に近い背中の張りがだんだんと悪化して腰とのつながりを作りさらに深い関係にまでいくと、一気に激痛が襲ってきます。この手の腰痛は腰を曲げてもひねってもそれほど痛くないが何かの拍子に急に激痛が走ります(ぎっくり腰になりそう)みたいな感じです。

片側の腰から太ももやふくらはぎが痛いつっぱる

片側だけの腰からした下半身が痛い、しびれる、つっぱる、ひきつる。このような症状で困っていませんか?これは座骨神経痛?腰のヘルニア?原因はなんでしょう?当院で検査するとこのような症状改善に有効なのは、体のねじれやゆがみを解消してあげることです。腰の治療しても恐らくあまり良くならないでしょう。

座り方しだいで腰痛に

普段の生活で椅子に座らない人はいないでしょう。しかしどれだけの人が座り方を意識して生活しているでしょう。腰痛や肩こりの原因に座り方が大きく係わっています。いつも正しい姿勢でいると疲れるので、10分に一回姿勢を正し、10分楽な姿勢をする。これを繰り返しましょう。

まだまだあります。これから作成しますのでお待ちください。

お問合せ・ご予約はこちら

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

011-681-6899
営業時間
10:00~12:00/14:00~20:00
日・祝 17:00まで
定休日
月曜・木曜

お問合せ・ご予約

お電話でのお問合せはこちら

011-681-6899

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お知らせ

2019/10/26~28まで
研修のためお休みします

お客さまの声

丁寧な対応に安心

西区の山口様

からだ回復整体 クローバーハウスさんには丁寧に対応していただき、安心して利用できました。

人にお勧めしたい

手稲区の吉田様

知人にも、ぜひからだ回復整体 クローバーハウスさんをお勧めしたいです。今後ともよろしくお願いします。

お客さまの声はこちら

院長ごあいさつ

長岡 一見

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。 

アクセス・営業時間

住所

〒006-0816 北海道札幌市手稲区前田六条13丁目2-1 トミイビル2F

最寄駅

手稲駅北口から徒歩20分

営業時間
 
午前 × ×
午後 × ×

10:00~12:00/14:00~20:00
日-祝 17:00まで

定休日

月曜・木曜